動画制作のデジタル化に触れた情報サイト

動画制作環境の変化と素人動画

技術的な進歩によって、以前よりもはるかに気軽に動画が作られるようになった昨今は、無料で楽しめる動画コンテンツの爆発的増加もあってか、動画の視聴層も細分化され、エンターテイメント性を重視する視聴者も居れば、芸術性を求める視聴者や無心で見つめ続けることができる持続性を求める視聴者もいるなど、多様な動画需要が生まれましたが、同時期にインターネット・インフラが普及したことに起因する、思想の多様化と情報の氾濫の影響も顕在化し、動画にメッセージ性を持たせることを好まない視聴層とメッセージ性を持たない動画を好まない視聴層の分化が進行してしまいました。

身近なところだと、近年の実写映画やアニメーション映画で興行的に成功を納めた作品は、エンターテイメント性に特化したものが多く、芸術性やテーマ性に重きを置いた作品のうち興行的な成功を納めた映画はノスタルジーを喚起させるような映画に限られてしまう傾向にあり、興行的に失敗した映画が、権威ある賞を受賞して話題性から再評価されるようなことも珍しくはありません。

このように技術的な進歩によってツール的には発展をしても、ツールを扱う動画制作者の技量を伴わなければ、動画への影響は映像の美麗化程度にとどまってしまいますし、動画視聴者が膨大な情報のうち価値観に合う情報のみを選択的に受け取ってしまうと、関心の偏向を招きかねず、両者は文化的な後退にもつながってしまうため、ツールのレベルに見合った見識が求められるのです。

技術の発展が動画制作に与えた影響

インターネットの普及とデジタル技術の発展は動画制作の環境を激変させました。 本項は、近年の動画制作環境の変化について技術的な面を主として触れると共に、素人動画が急増した要因と今後の素人動画の展望に対する私的な見解をまとめることを試みたページです。

制作会社と素人の動画制作比較

動画制作のプロである制作会社と素人では、動画の制作環境に明確な差があり技術的にも資金的にも埋めがたい差として両者の間に広がっています。 動画制作会社の撮影ノウハウを含む技術的なアドバンテージと資金がもたらす技術以外のアドバンテージを提示しました。

ソフトとアプリはプロと素人の技術差を埋め得るか

デジタル化による動画制作の簡易化の代表例とも言える、動画用のアプリやソフトがもたらした動画制作の難易度低下とコスト削減に伴う動画のレベルそのものの底上げに言及しつつ、動画のクオリティを左右し得る、映像以外のファクターへの追及を行っています。