動画制作のデジタル化に触れた情報サイト

技術の発展が動画制作に与えた影響

近年の動画制作事情

今や数多ある動画投稿サイトに無数の投稿者が自作の動画を投稿することは珍しくも無いことですが、一昔前まで動画の作成は、ビデオカメラで撮影した映像をベースに編集を加えて仕上げたものにしろ、一コマごとに何枚もの絵を書き連ねてワンシーンを作るものにしろ、多大な労力と時間を要することから、制作を思い立っても計画段階で終わってしまったり、製作途中で終わってしまったりすることが多く、趣味であれ仕事であれ、制作が面倒極まりないものでした。

しかし、デジタル技術が著しく発展して、編集作業をはじめ動画制作の面倒な部分の負担を減らすことが可能になった事で、動画制作の基本的な難度と制作に要する時間が大幅に削減され、動画制作者が増え、動画も増加しています。

素人動画が激増した理由と素人動画の展望

デジタル技術の発展による編集作業に関わる負担の大幅減と時間と労力のコストダウンが重なって動画の制作難易度が下がったことは、素人作の動画である素人動画の増加を招きましたが、これは素人動画激増の一因に過ぎず、携帯電話やスマホが持つ動画や写真の撮影機能の進歩、無編集で流すだけの動画への許容と需要、素人動画の発表の場となる動画投稿サイトの出現などの多種多様なファクターが絡み合ったことによって、素人動画は激増しています。

ただ、既存の作品を素材とした二次創作作品のような、デジタル素人動画の黎明期に人気を博した動画コンテンツも国際化による著作権管理の重要性が増した影響で規制強化が進むなど、素人動画も過渡期にあり、今後の素人動画制作は減少に転じる可能性が否めないでしょう。