動画制作のデジタル化に触れた情報サイト

ソフトとアプリはプロと素人の技術差を埋め得るか

ソフトとアプリによる動画制作の簡易化

デジタル化は動画制作に劇的な影響を及ぼし、動画制作の難易度を下げることに大きく寄与してきましたが、デジタル技術は未だに発展を続けており、ソフトやアプリといったようなプログラム面で動画制作を補助するツールにも事欠きません。

ソフトもプログラムも用途は多様で、コマを繋げることで映像を作るものもあれば、制作済みの映像を編集しエフェクトを加えるためのものや映像や背景を加工するためのもの、これらの機能を包括的に備えたものなど、多岐に渡って動画の制作を補助するソフトおよびアプリが存在し、制作会社のようなプロ向けのソフトやアプリも少なからず存在していることからもお分かりいただけるかも知れませんが、動画制作においてソフト・アプリは共に欠かせないツールなのです。

動画のクオリティを決めるもの

動画のクオリティを決めるとき、主に基準として捉えることができるものは流動的な評価と普遍的な評価の二点で、流動的な評価は再生回数の多寡で推し量れるムーブメントの影響を多大に受ける評価であるために、後の評価に際して現代のムーブメントや社会の動向等を考慮に入れることを求められるのに対して、普遍的な評価は動画の企画内容や撮影技術および使用された機材が生み出す映像の質に基づく評価です。

基本的には制作会社によって制作された動画の方が総じて映像クオリティは高くなりますが、動画のクオリティは映像のみで判断されるわけではなく、企画自体の面白さが生み出すエンターテイメント性次第では、映像クオリティは低くとも動画として好評を博すことは間々あります。

結局のところ動画のクオリティは、エンターテイメント性であれ、芸術性であれ、人を引き付けるだけの突出した魅力を持っているか否かで決まるのでしょう。